« ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend 2日目レポ・その4 | トップページ | 当ブログ内ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookendレポまとめ »

2012.01.31

ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend 2日目レポ・その5

これで「昭和が見ていたクリスマス!?」レポは
一応、完結です。

当ブログ内関連記事
ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend 1/22セットリスト

ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend 2日目レポ・その1

ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend 2日目レポ・その2

ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend 2日目レポ・その3

ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend 2日目レポ・その4

ASKA / 歌の中には不自由がない 歌の中には不自由がない - Single - ASKA

ASKA / BOOKEND BOOKEND - ASKA

Bookend
Bookend
posted with amazlet
ASKA
ユニバーサル シグマ (2011-12-07)

未リリース曲『朝をありがとう』は 本当にASKAさんのびのびと歌ってマシタ。
歌詞間違えてても誰も知らないから安心だしね(笑)

『夢のかなた』
イントロ聴いてもなんだかわからず(苦笑)
完全に勉強不足ッス。
CHAGE and ASKAアルバム『INSIDE』に
収録の曲。
ホーンがすごく似合ってた。

照明、赤やグリーン。

『夢のかなた』のアウトロから
『BROTHER』のイントロへのつなぎが
カッコヨカッタ。

「Hey Hey Hey」は女性コーラス。
この部分で客席照明明るくなるのだけど
チャゲアスライブ時のフリをしていいものか
多くの人が悩んだかも。
コーラスの人なりがあおってくれると
やりやすいよね。
そういう意味ではチャゲアスライブ時の
小笠原Manaboo氏の存在は偉大だったなと。

アレンジはあまりなくオリジナルに
近かったかも。

『月が近づけば少しはましだろう』
ASKAさんの集中力と声量が毎度、ハンパない。

照明シンプル。白基調。
「サイレンの音」あたりで紅い照明

ステージ天井部に中型長方形LED照明が吊るされていて
その照明がオレンジ色の点滅で放射状や
クルクル回転模様に変化してた。

22日で一番、ガツンと来たのが
『月近』だな。

『野いちごがゆれるように』
ボーカルコンディションが落ちないのに
驚く。
間奏のホーンがいいね、この曲は。
グラデーションの照明がキレイ。

「幸せと悲しみとが 寄り添って」
って歌詞が、なんだか心に響いた。

MC。
昨年の震災を受けて
「がんばってください」という言葉が
どうしても言えないという話。
相手と自分の立場に優越が出てしまう気がする。
自分たちがやれることをやっていく時期だと思う。
気持ちがひとつになるっていうのは
そうそう経験ない。
一緒に同じ方向に向かって同じ気持ちで
これからも進んで行けたらと思います。
今日は本当にどうもありがとう。
っていうニュアンスのコトをもっと言葉やわらかく
言っていたと思います。

DOUBLEツアーのラストのMCも思い出した...

『世界にMerry X'mas』
やさしく歌い上げるカンジ。
女性コーラスも美しい。

クリスマスソングだけど
いつ聴いてもイイ曲だなと改めて。

『見上げてごらん夜の星を』
ASKAさんと坂本九さんミックスな
カンジの歌い方。

ステージ上部、サイドに電球で星が
描かれてマシタ。

最後、少しアカペラになって
ジャーンと盛り上がるカンジ。(伝わるか、この表現?)

ASKAさん、演奏者のみなさん、一列に並んで
手をつないでお辞儀。

ASKAさん、ステージ両端へごあいさつ。
お辞儀の角度がステキすぎる!

カーテン、サイドから移動してきて
スクリーンにASKAさんのシルエットが映し出され
フェードアウト。
BGM『Good Night』
リハーサル時の写真と
スタッフクレジット。
「僕たちの音楽を愛するあなたたち」
表記あったと思いマス。

場内、あたたかい余韻が残った雰囲気で終演。
アンコールを期待していた方も
多かったようですが
エンディングの演出を考えると
あの終わり方が一番、しっくりくるかも。

客席のあかりがついて
場内には新曲『朝をありがとう』が
流れてマシタ。

ASKAさんも演奏者のみなさんにも笑顔が
多く見られたライブでした。
なんだか嬉しい。

あたたかい余韻が残るライブでした。

ツイッターの方でもつぶやきましたが
終演後、武道館内を出たところで
近くにいた方が「あ、星が出てる」
って言っているのが耳に入って
見上げると空に星が出てたんですよね。

今、聴いたばかりの『見上げてごらん夜の星を』が
脳内再生されてきて心地良い余韻に
浸るコトができた夜でした。

今回も長文、お読みいただきありがとうございマシタ。
ASKAさんのボーカルコンディションの良さと
隠し球ともいえる新曲連発で
嬉しいライブでした。
秋からのツアーも大いに期待したいと
思いマス。

アルバムひっさげてのツアーになると
なおよろしいかと(笑)

|

« ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend 2日目レポ・その4 | トップページ | 当ブログ内ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookendレポまとめ »

コメント

>>しほさん

ご無沙汰しております。
レポというかメモ、少しでもライブの雰囲気が伝われば
幸いです。
歌が持つ力強さを今回のライブで改めて感じました。

秋からのツアー、大いに楽しみです。

投稿: まんぼ | 2012.02.01 21時32分

まんぼさん お久しぶりです。まだ生きていた私です(苦笑)もう去年の震災から心せわしなく、日々忙しく、はっと気がついたら、2012年ですねー。残念ながら日本におらず、昭和〜に行けませんでしたが、ようやく新曲でましたね。2010年に再びはまって以来、昔の曲も私にとってはほとんど新曲みたいなので、あまり昔からのファンの人ほど渇望感はなかったですが、それでもみなさんの興奮がうかがえて、こちらもうれしくなります。臨場感あるレポもありがとうございました。DVDが出るまで楽しみに創造を膨らませています.
3・11の後、心のボールを聞くと涙が出てたまらない時期が続きました。「故郷」としての「日本」がずっしりと私の中で横たわっていて、いたたまれなかったです。ASKAさんの想いが僭越ながらすごくよく伝わりました。今年は明るい年になってほしいですね。秋からのツアー、12月に東京でやってくれることをひたすら願っています。

投稿: しほ | 2012.02.01 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/53871670

この記事へのトラックバック一覧です: ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend 2日目レポ・その5:

« ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookend 2日目レポ・その4 | トップページ | 当ブログ内ASKA CONCERT2012 昭和が見ていたクリスマス!? Prelude to The Bookendレポまとめ »