« 深部静脈血栓塞栓症治療日記・3 | トップページ | 明日、e+にてChageさん出演 東日本大震災支援LIVE先着先行 »

2011.05.12

深部静脈血栓塞栓症治療日記・4

回復期。
この頃になると時間を持て余し気味。

チャゲアスつながりの友人より
病気平癒のお守りを送られ
病室で嬉し泣きしマシタ(マジで)

ツイッターやブログ、メールでも
多くの方から励ましやお見舞いの
コメントをいただく。

これも本当にうれしかったです。

入院していると世間から
遠ざかってしまいがちで
ふと孤独を感じてしまうコトも
多かったんですよね。

マッタリ期な入院生活の様子は
続きを読むよりどうぞ。

関連記事:
深部静脈血栓塞栓症治療日記・1
深部静脈血栓塞栓症治療日記・2
深部静脈血栓塞栓症治療日記・3

2011年2月11日。
朝から都心は雪模様。
祝日のため診療、検査などなし。

左足の甲部分にむくみというか
腫れが出てくる。

血管内治療(IVR)ではX線透視下に
長時間さらされると以前、書きましたが
その影響からか頭髪の脱毛が。

ゴッソリと抜けるというワケでは
ありませんが1日に20本ほど抜けるカンジが
3日程続きました。

医療被ばくによる皮膚の炎症はなし。

2011年2月12日。
左足の甲部分の腫れおさまらず。
なるべく足首を動かすようにする。

2011年2月13日。
左足の甲部分の腫れ、少し解消。
引き続き足首を動かす。

2011年2月14日。
アンギオ室にて血管造影検査。
20分程で終了。経過良好。
左足の甲部分の腫れはなくなる。

左足の点滴解除。
歩くのラクラク。

この日より抗凝固薬ワーファリンの服用を開始。
まずは5mg。

左足の太もも、ふくらはぎの
太さがだいぶ緩和されたので圧迫包帯から
弾性ストッキングの着用に。
弾性ストッキング、入浴時以外は常に着用が
望ましいとのコト。

弾性ストッキングは血栓予防のために履く
ちょっとキツめの靴下です。
最近は出産の際に病院より支給されるコトが
あるので着用経験ある方もいるのでは。

σ(・・)の母はお約束の如く
「男性ストッキング」
と勘違いしマシタ。

ワーファリン服用中はワーファリンの効果を
阻害してしまうため納豆禁食。

この日までの間に病院食の朝食で1回、
納豆が出た日があった。
アレが人生最後の納豆になるやもしれない...

2011年2月15日。
検査らしい検査なし。

2011年2月16日。
ワーファリンの治験情報提供(遺伝子多型検査)のため
鼠蹊部より採血。

夜からトイレも歯磨きも
看護師付き添い不要となる。
ひとりで自由に移動できる。
点滴キャスターは一緒だけど。

2011年2月17日。
検査らしい検査なし。
ワーファリン3mgとなる。

2011年2月18日。
採血。
昼、腕からのヘパリン点滴解除。自由だ!

シャワーもOKとなる。
ほぼひと月ぶりのシャワー、気持ちヨカッタ。
それまではタオルでの体拭きのみでした。

2011年2月19日。
検査らしい検査なし。

2011年2月20日。
検査らしい検査なし。

2011年2月21日。
採血。
病棟の屋上へ。久しぶりの外の空気。
ひんやり。
ワーファリン、0.5mg増え3.5mgとなる。

2011年2月22日。
検査らしい検査なし。
今日も病棟屋上へ。晴れていて気持ちいい。
スカイツリーを望む。

2011年2月23日。
午前中、胸部CT撮影。

夕方、今日も病棟屋上へ。
夕陽がキレイだった。

夜、担当医よりあさって退院の許可出る。
やっと家に帰れる!!

2011年2月24日。
検査らしい検査なし。
朝は雨模様だったが夕方より晴れる。
今日も病棟屋上で夕陽を見る。

夜、担当医より最終病状経過説明。
入院時からの病状をパソコン画面を使って
MRI、CT画像、レントゲン写真を見ながら
わかりやすく解説してもらう。

2011年2月25日。
ようやく退院ヽ(´ー`)ノ

退院前一週間は検査なども特になく採血のみで
ワーファリンのコントロール期間でした。

今後はワーファリンの服用を続け
外来の通院で経過を判断していくコトに。

人生初入院にして緊急手術。
なにかと初づくしでした。

看護師さんにあいさつして
入院患者用リストバンドにはさみを
入れてもらう時は本当に感慨深いものが
ありマシタ。

深部静脈閉塞血栓症は
症状が出た際にしっかりと病院で診断を受け
急性期さえ乗り越えれば
あとは安定し回復に向かう病いです。

いたずらに恐れるコトはありません。

ただし再発防止のため食事や生活習慣改善、
水分補給など十分な注意が必要です。

今、この病気で入院されている方、
ご家族がこの病気と向き合っている方の
ご参考になれば幸いです。

と、まぁ、2011年1月2月の入院は
こんなカンジ。

で、なんで4月にまた入院しちゃったの?
って話はまた別の機会に。

長文、読んでいただきありがとうございマシタ。

追記:今回の入院治療費の概算ですが
3割負担、差額ベッド代なしで26日間入院
約100万円前後でした。
高額医療費の対象となります。
循環器系はやはりお高いです。
ご参考まで。

|

« 深部静脈血栓塞栓症治療日記・3 | トップページ | 明日、e+にてChageさん出演 東日本大震災支援LIVE先着先行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/51653052

この記事へのトラックバック一覧です: 深部静脈血栓塞栓症治療日記・4:

« 深部静脈血栓塞栓症治療日記・3 | トップページ | 明日、e+にてChageさん出演 東日本大震災支援LIVE先着先行 »