« twitter log:101201-101215 | トップページ | フジテレビ系「ウチくる!?」VTRコメントゲストにChageさん登場 »

2010.12.18

ネタバレ注意!ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACES神戸公演1日目レポ4

むふぅ、もう2週間前の出来事に
なってしまうのですね...

ほいでは続きをどうぞ。

ASKA / 君の知らない君の歌 Kimino Shiranai Kimino Uta - Aska

君の知らない君の歌
ASKA
ユニバーサル シグマ (2010-11-03)

『C-46』(君の知らない君の歌ver.)
イントロの尺はCDと同じかな。
ま、長いですけどライブで聴くと
あまり長く感じない。

で、ASKAさん、ヘソマイクになってた。
(ヘソのあたりまでマイクを落として歌ってるの意)
声量、半端ないな。

MC。
(ASKAさん自身のMCもグタグダでしたが
 自分のメモもグダグダ / 汗)

『C-46』というタイトルについて
当時、他にないのかって話があった。
歌の中でタイトルについて表現できているので
このタイトル。

とまじめに語ったかと思いきや
近くを通ると見上げてしまう部屋が
夢の中ではエアロビクススタジオになってたとか。
話が戻ったりしつつ。

情景を受け止める気持ちが違ってくる。
手紙とかで
「年齢を重ねるごとに歌の意味が
 わかるようになってきました」
なんてもらうと幸せな気持ちになる、
その反面、わかんないで聴いてたのか〜(笑)

ASKAさんの恋バナ。

キーボードの十川さんのモノマネしたり。
脳細胞の話でお酒を飲むと20万個くらいの脳細胞が
死んでしまうのでチャゲくんの脳細胞、
相当、死んでるらすぃって話。
えらいこっちゃ。

昇天していくチャゲくんの脳細胞を
見上げるような仕草をASKAさんしてた(笑)
近くを通ると見上げちゃうのね。

「男子」「女子」ってフレーズを
楽しげに言ってたのがなんか印象的。

アニメ「ポパイ」のモノマネもしてた。

現在、制作中の新曲については
「もうすぐだから」とだけ。

とにかく、ASKAさんが伝えたいのは
「ありがとう」らしいです。

『同じ時代を』
最初、ギターのみで。朗々と歌い上げるように。
すごく丁寧に歌っているなという印象。

君を愛しつづけたすべてを
明日の方へ送りたい
いつか遠い遠い未来の誰かに
伝えることができるなら

歌詞のこの部分が曲前のMCと
リンクするような気がする。

ASKAさんが歌に託した愛っていうのは
好きだとか惚れたとか、愛情の絡んだ嫉妬とか
一連の喜怒哀楽の感情を経ての
博愛に近いレベルの愛の話かもしれないなぁ。

歌い終わって、さらりとステージをあとにして
2分程で再登場。

MC。
きみまろ風に言うと、ここからは残業です。
(カミカミASKAさん)

歌謡曲好きの話と
軽くこれから歌う元歌の方のモノマネ。
「ハっ!」を披露。

流れてきたのは
『あの鐘を鳴らすのはあなた』
しょっぱなから
1970年代の和田さんモノマネ仕様。
うぅめぇ〜〜〜えぇ〜〜〜えぇ〜〜!!(笑)

とってもパンチが効いてるボーカル。

2コーラス目、モノマネがエスカレート。
アッコさんの独特のリズムの取り方の
フリまでしてた(笑)

エンディングは江口さんドラムで
お約束のフェイント攻撃。

会場、盛り上がってマシタ。

MC。
最近、キャラが開放的になったって
言われるけど、これが本当です。

( ´∀`)

まだまだモノマネレパートリーはあるらすぃ。
桑田佳祐さんにひとり紅白をやられたのは
悔しいらすぃ。
大義名分さえあればASKAさんもやりたいそうです。

いっそ、こうなったら
「ひとりものまね紅白」
やっちゃえ!(笑)

次週に迫った上海公演に触れて
海外でこのアンコール曲をやってもわからないと
思うので、オリジナルと思われるか、
新曲と思われるか、おじさんの悪ノリと思われるかも。
と言いつつ、ここでASKAさんより衝撃告白。

「俺たち実は全員、上海出身で」

Σ(゚Д゚)
高度なボケ、ASKAギャグキタ━━(゚∀゚)━━!!

会場的にはややウケでしたが
σ(・・)の中ではヒットギャグだったヨ。

「上海で歌ってきます」
で流れてきたのは
『はじまりはいつも雨』イントロ。
イントロでどよめいてマシタ。
セットリスト、神戸から変更でしたので余計に
新鮮だった模様。

さっきまでパンチのある曲を
少し力んだりしながら
歌っていたとは思えない程に
キレイにボーカルが出てたコトにビックリ。

なんじゃ、この、おっさん(おっさん言うな!/ 笑)

ボーカルコンディション的には
自分がライブで聴いた中では1、2を争う良さです。
いい意味で余裕がある。

間奏のリズムとってるASKAさん、スキなんだよね。

もう1曲、歌わせて。
で、次の曲へいこうとしてましたが
ここで公開打合せ。

江口さんに、ここ続けて歌った方がいいわ。
スネア、変えてるヒマないわ。
って言ってマシタ。
ちなみにASKAさんは江口さんのコトを「信夫」と
呼んでたヨ。

そのあと、ASKAさん
『はじまりはいつも雨』のアウトロから次の曲を
くちイントロでこんなカンジと江口さんに
伝えてマシタ。

このくちイントロがやっぱミュージシャンだよね、
ウマいわ(笑)

ASKAさんのくちイントロと同じメロディーが
流れきマシタ。
『恋人はワイン色』

マイクを手持ちにしてASKAさん、
ステージの端から端まで移動しながら歌ってたので
端の席の方達、盛り上がってマシタ。

ライブ、ラスト曲にも関わらず
ボーカルに余裕あり過ぎ!
あと5曲は余裕でイケるかも。

正直、ここまで喉が回復ているとは
思わなかった...
よかったよ、ほんとよかったよ。

曲が終わってASKAさん、バンドメンバーさんと
一列に並んでお辞儀。
並ぶ前に澤近さんと十川さんがダッシュして
左右、入れ替わるんだけど澤近さんのダッシュが
本気ダッシュだった(笑)
気合い、入ってるな。

ASKAさんとバンドメンバーさんひとりずつハグ。

ASKAさん、ステージ端から端までごあいさつ。
生声の「どうもありがとー!」今日も聞こえた!

こちらこそ、どうもありがとです。
やっぱりライブはいいなと思える良いライブでした。

ASKAさん、手を振りながらステージをあとに。
神戸レポは、これにておしまいっ。

以下は、今回のライブでちょっと気になったコト。

ところどころ、ステージバックにLEDで
映像が流れてるんですけど
この演出は不要かも。
今回のツアー、ホールクラスはLEDスクリーン
なしでもいい気がしマシタ。
ホリゾントと照明だけでも十分。

今回は歌と音楽で色んなコトが伝わるレベルの
ステージなんだよなぁ。

アリーナ規模のライブで、どうステージセットを
変更するのか気になるところです。

これにてASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACES
神戸レポは完結。

読んで頂いたみなさま、ありがとう。

なんだかんだで、良いライブでした、ほんとに。
ASKAさんのMCのテンションの高さが印象的。
地上70階建てくらいの高さだったヨ(謎)

ASKAさん、バンドメンバーのみなさま、
スタッフのみなさま、ありがとうございました。
また来年、日本武道館でお耳にかかれるのを
楽しみにしておりマス。

ライブの内容とはちょっと違いますが
開場後のグッズ売り場がガラ空きだったのには
ビックリでした...(汗)

財布の紐が固いのか、
単にデザイン受けが悪いのか、
欲しいモノがないのか...

|

« twitter log:101201-101215 | トップページ | フジテレビ系「ウチくる!?」VTRコメントゲストにChageさん登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/50328399

この記事へのトラックバック一覧です: ネタバレ注意!ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACES神戸公演1日目レポ4:

« twitter log:101201-101215 | トップページ | フジテレビ系「ウチくる!?」VTRコメントゲストにChageさん登場 »