« @電子チケットぴあにてChageの坂道“渋茶会”プレリザーブ中 | トップページ | チャゲアスハイボールはどんなお味? »

2010.02.19

オトナのための飛び出す絵本「ぼくらが東京タワーに憧れたころ」

ページを開くと昭和30年代のなつかしい風景が立ち上がる!まったく新しい仕掛け絵本。木造平屋の家や駄菓子屋のある商店街など、一昔前の東京のくらしの風景と、完成した東京タワーがそそり立つ夜の繁華街など5つの場面で構成。立ち上がった仕掛けは、裏からみることもできます。絵本と一体になった音声モジュール(機器)には、「月光仮面」の歌や「少年探偵団」の歌など、当時のラジオやテレビで聞いた主題歌や、「柱時計」「竹ざお売り」「火の用心」など懐かしい音風景を収録。ボタンを押すと、時代の音が聞こえてきます。物は豊かでなくても平和で希望にあふれ、人と人のつながりが温かであった昭和30年代。はば広い世代に楽しんでもらえる音声モジュール付き大型ポップアップ絵本です。

オトナ向けの音も出る飛び出す絵本。
おもしろそう。

|

« @電子チケットぴあにてChageの坂道“渋茶会”プレリザーブ中 | トップページ | チャゲアスハイボールはどんなお味? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/47610107

この記事へのトラックバック一覧です: オトナのための飛び出す絵本「ぼくらが東京タワーに憧れたころ」:

« @電子チケットぴあにてChageの坂道“渋茶会”プレリザーブ中 | トップページ | チャゲアスハイボールはどんなお味? »