« セブンアンドワイにてASKAソロシンフォニックライブDVD予約受付中 | トップページ | [PR]今年の自分チョコ選び始めましょ »

2009.01.04

Windows機のキーボードの文字変換をMacっぽくした

休みに入る前に
会社のWindows機のキーボードを
ちょっぴしMacっぽくしてきたのだ。
フォッフォッフォッ。

Macで文字入力する際、
JISキーボードで
日本語入力したいと思ったら
スペースキー横の「かな」キーを押せば
必ず日本語が入力できるようになるんです。
※時々、Safariで切り替わらないコトあるけど。
そんな時はcontrol + shift + j で対処。

半角英字を入力したいと思えば「英数」キーを
押せば半角英字が。

どちらのキーもスペースキーのサイドなので
親指でポチっとすればいい。

ところがどっこい。
Windowsの文字入力ってキーボードの
あちこち押さないと日本語入力と半角英字入力の
切替ができない。

半角カタカナ入力にしたって少し離れた
Fnキーで変換。
Macだとひらがなで入力後、確定前にcontrol + ;で変換。

これってWindow使ってる人は不便とか
思わないのかとーってもとーっても
Macばっかり使ってたσ(・・)としては
不思議でならないの。

慣れればなんてことなくなるの??

前置きは長くなりましたが
MS-IMEでWindows機のキーボードの
スペースキー右横の「変換」キーにIMEオンを
割り当ててこのキーを押せば何が何でも
日本語入力をできるように設定変更してみました。

「無変換」キーにはIMEオフを割当。

会社へ行くのが少しだけ楽しみだなと
思うささやかな出来事でございマス。

Vmware Fusion 2.0
アクト・ツー (2008-10-23)


|

« セブンアンドワイにてASKAソロシンフォニックライブDVD予約受付中 | トップページ | [PR]今年の自分チョコ選び始めましょ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/43612661

この記事へのトラックバック一覧です: Windows機のキーボードの文字変換をMacっぽくした:

» [Mac]VMWare Fusion 2.0.1 [Macと愛猫]
なにげにVMWareの最新版をチェックしてみたらメージャーアップデートされてたので入れてみた。 バージョン1のライセンスで無償バージョンアップできる。 Windows 2000とWindows XP64の仮想マシンは問題なくアップグレード完了。 Ubuntuの仮想マシンがなぜか壊れていたので再... [続きを読む]

受信: 2009.01.08 14時45分

« セブンアンドワイにてASKAソロシンフォニックライブDVD予約受付中 | トップページ | [PR]今年の自分チョコ選び始めましょ »