« 北川久仁子さんのブログにASKAさんの写真 | トップページ | 昨日はディズニーシー »

2008.09.16

アニメ「鉄腕アトム」最終話あらすじ

日本初の国産長編アニメ「鉄腕アトム」は
1963年1月1日よりフジテレビ系にて放送を開始。
1966年12月31日「193話 地球最大の冒険」
にて放送終了(アニメ第一作シリーズ)

以下、最終話のあらすじが書かれています。
知りたくない方はご注意ください。

最終話「地球最大の冒険」
簡単にストーリー解説をすると
太陽の黒点活動に異常が生じ地球は高温状態が続く。
それを救うべくアトムはロケットに乗って宇宙へ。
太陽の温度を下げるカプセルを太陽に発射するも
隕石と衝突し軌道が逸れてしまう。
カプセルの軌道修正を行うため宇宙空間へ出るアトム。
カプセルにしがみついて自らの身を犠牲にし
太陽へと向かう。
アトムの活躍により太陽の黒点活動は食い止められ
地球にふたたび平穏な日々がおとずれる。

最終回収録DVD

鉄腕アトム生誕記念プルーフセット
平成15年 2003 Proof

ちなみに1960年代「鉄腕アトム」最終話の
エンディングには次週よりスタートする
手塚アニメ「悟空の大冒険」の孫悟空自身が
登場し番組宣伝をするという趣向がありマシタ。

がっこがすっき すっき
べんきょが すっきっ すっきっ

σ(・・)は1980年代版「鉄腕アトム」はリアルタイムで
見てマシタ。

音楽評論家の田家秀樹さんがラジオ番組の
インタビューでASKAさんと
アニメ「鉄腕アトム」最終回について
お話をされたとか。

>> 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 :
ありがとうございました。

記憶の中の最終回とあってたかな??

|

« 北川久仁子さんのブログにASKAさんの写真 | トップページ | 昨日はディズニーシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/42496580

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「鉄腕アトム」最終話あらすじ:

« 北川久仁子さんのブログにASKAさんの写真 | トップページ | 昨日はディズニーシー »