« Yahoo Japanトップページリニューアル | トップページ | 穏やかな三が日 »

2008.01.02

alive in liveのレポみたいなモノ

alive in liveのライブレポが書けない...
視覚と聴覚を刺激されつつも
非常に心地良いライブであったコトは
間違いない事実である。

抽象的な文章でしか表現できない
もどかしさばかりが募りマス。

「音」がホントに心地良く会場全体に
響いてたんですよ。
ボーカルとストリングス、ギター、ピアノ、
ドラム、ウッドベース、アコーディオン。
どの音もメリハリがあるのに交ざりあってマシタ。

まとまらない文章ではありますが
感じたままの主観を書き連ねるコトでライブレポに
代えさせていただきマス。ご容赦ください。

今日のエントリー、長いぜよ。

参考
>> iMix-CHAGE and ASKA Concert Tour 2007
alive in live 代々木公演セットリスト
icon

DVD
「CHAGE and ASKA Concert 2007alive in live」
楽天ブックス
Amazon.co.jp

1曲目『if』
コレは反則だよね。
試合開始3秒、こっちはまだ組んでもいない段階で
鮮やかな一本背負いを喰らわされた気分さ。

歌詞ももちろん、聴かせどころのハモりが
最高でした。

ASKAさんボーカルのCDではファルセットで
歌ってる箇所はこのライブでは
完全ファルセットではないんですが
もっと耳触りの良いキーでした。

2曲目『river』
大阪公演からこの曲が2曲目に。
間奏のストリングスが好きです。

3曲目『天気予報の恋人』
two-fiveツアーの前半でしか聴けなかったので
ライブで聴くのは初めてな人が
多かったかも。
やっぱり、コレも歌詞にメロメロです。

『Here & There』
日清製粉グループのCFで流れてる
アコースティックバージョンとは
少しアレンジが違った印象。

照明が水の中にいるような不思議なカンジ。

『好きになる』
ピアノとボーカル。堪能しました。
このアレンジはね、必聴よ!
あ〜、もう、やっぱり、チャゲアス!
って思うハズ。

コレも歌詞にメロメロ。
天井に映ってたチャゲアスのシルエットが
歌うたびに揺れるからそっちも見てた。

ASKAさん、手持ちマイクで歌ってたんだけど
マイク離しすぎ!声量がスゴいんだわ(笑)

『パラシュートの部屋で』
アコースティックでこの曲?
軽快なメロディーでしたよ。

"変じゃないだろう〜"
のトコはASKAさんのボーカルが会場に響いてた。

『紫陽花と向日葵』
ステージ上見て、スクリーン見て、照明見てで
忙しかった。

スクリーンには紫陽花、向日葵の写真と
ステージ上で歌ってるチャゲアス、
バンドメンバーの映像がオーバーラップで
映し出されててキレイでした。

ほぼCDに忠実なアレンジだったと思う...
転調部分の"口づけが"時、
スクリーン下部の照明がカラフルでキレイで
サウンドもフレンチジャズっぽい印象。

オリジナルの編曲者を確認したら
服部隆之氏でありマシタ。
最敬礼!(`・ω・´)>ピッ

この曲を含め『僕はこの瞳で嘘をつく』
『HANG UP THE PHONE』では
ベースの恵美さんがウッドベースを
弾いてたんですけどね、
その低音がめちゃめちゃ気持ちヨカッタ。

『僕はこの瞳で嘘をつく』
THE LIVEツアーの時みたいなジャズアレンジ。

『HANG UP THE PHONE』
ホーンチームもフルでいたら
もっとかっこよかったかなと。

『終章〜エピローグ〜』
この曲の前にMCがあったな。
「これから一番古い曲と新しい曲をやります」
とCHAGEさんが申してマシタ。

傑作だよね>終章
19歳でこのメロディー、歌詞を作り上げるとは。
ASKAさんのMC内でも褒めてるんだけど
ビミョーに褒めてないヘンな照れが
にじんでた(笑)
素直に褒めてやってヨ>ASKAさん

それと『Man and Woman』を
「新しい曲」って言われて
「新曲かと思った?」ってASKAさんが
ちょっと自虐的に言ってたな。
「曲、作るよ」ってイジけモードで
言ってた日(22日)もありマシタ。
その言い方がかわいんだな、こんにゃろめ。

『Man and Woman』
原曲イントロはピアノから入りますが
このライブではアコギから。
この音色も非常に心地良く歌の風景が
また一段と広がりマシタ。
とっても良いアレンジ。
コーラス部もCHAGEハモ+男女コーラスが
加わって感動。

『YAH YAH YAH』
最初、ボーカルのみに近い感じで
徐々に盛り上がってくタイプのアレンジ。

『One Day』
オリジナルに近いアレンジ。
楽しかったね。
このライブの中では唯一
「わあーっ」っと盛り上がった曲でした。
『YAH YAH YAH』はそうでもなかった気が...

『higher ground』と『RED HILL』は
「かっこいい!」のひと言に尽きるアレンジでした。

ストリングスがイイ感じでボーカルに
絡んでくるのよ。
そこにアコギ。

『higher ground』
Aメロのハモリと
間奏のCHAGEさんの高音コーラスが
好きなんだ。

この曲、そもそも編曲した十川さんと
ASKAさんでコンピューターを使って
作り上げた曲なんですが
そのコンピューターなしでこのライブで
表現された意味って大きい気がする。

『NとLの野球帽』
泣いたね、この曲で、2日間も。
ステージ上のバンドメンバーのみなさんが
温かいんだもん。

コーラスのお二人さんや
クラッシャー木村さんをはじめ
ストリングチームの人達は演奏せずに
客席の方を向いて弓を左右に振ってたの。

西鉄ライオンズの稲尾さんの姿が見えた気もする。
CHAGEさんが愛して尊敬するお父上の姿も。

旭ジュンジュンはアコーディオン担当。

アレンジはオリジナルともMTV ver.とも違う
3連のリズムでゆったりとしたものでした。
※3連リズムって?
『VISION』あたりを聴いていただくのが
わかりやすいかと。

このアレンジ好きです!

『ロケットの樹の下で』
曲前にASKAさんのMCあり。

50になると自分のしてきたことの輪郭が
見えてくるような気がする。
エッジがハッキリしてくる。
同級生に会ったりすると
変わってる奴もいたり
お前、歯、治せよみたいなね(笑)

『ロケットの樹の下で』について。
友人のために作った曲だけど
いつしか自分自身にも
当てはまるようになってきた。
とASKAさんが語ってマシタ。

このMC後の『ロケットの樹の下で』は
感動的でした。

でココまでが本編。
このあとはアンコール曲。

なんですがっ。

毎度、アンコールが苦手なチャゲアスさん。
いったん、ステージをはけるのが面倒とか
(花道が長いので)言いつつ、
そのまま居座りお客さんに
「アンコール」コールの催促(笑)

シレっと「アンコールありがとう!」
とかなんとか言ってマシタ。

『世界にMerry X'mas』
CHAGEさんが鈴担当(笑)
やさしい気持ちになれる楽曲を
クリスマスシーズンに聴けて大満足。

『SAY YES』
イントロがまた澤近マジック炸裂でしたヨ。
言葉でうまく説明できないけど(苦笑)

エンディングは
"I love you.all my love.
愛する人を 愛したいだけ
愛せる日まで 愛してみる"
のフレーズ入り。

ライブ終了後はチャゲアス、メンバーで
手をつないでステージをグルっとご挨拶。
その後、メンバーとハグ。

CHAGEさんはステージから客席を写真撮ってマシタ。

ASKAさんとCHAGEさんがすれ違う時は
ハイタッチ。
最終日は上でガッチリ握手。

CHAGEさんがライブ中、
終始楽しげだったんですよね。
CHAGEさんの笑顔見るとつられて
笑顔になるよね。
赤ちゃんの笑顔を街中で見ると
つい微笑み返したくなる、
アレとおんなじ(笑)

でもね、鈴とシェーカー振り過ぎ>チャゲくん

演奏されたどの曲もとても素晴らしいモノでした。
今回、ライブに行く事が出来なかったみなさん、
alive in live。
このタイトルに込められた意味を
DVDで再確認してくださいな。

早くこいこいリリース日。

DVD
「CHAGE and ASKA Concert 2007alive in live」
楽天ブックス
Amazon.co.jp

|

« Yahoo Japanトップページリニューアル | トップページ | 穏やかな三が日 »

コメント

>>みみずくさん

レポ読んで下さりありがとです。
ステージ見たり、照明見たり、
モニタ見たりとアコースティックライブなのに
普通のライブより首が疲れました(笑)

今年はライブかな?アルバムかな?
それとも両方?(笑)

投稿: まんぼ | 2008.01.04 21時10分

ライブレポ読ませていただきました。
いい感じのライブだったんだなというのが伝わってきます。

結構ステージ上を見ていたので、照明なんか、
そうなってたんだ~と思ったりしました。
ツアーは最後まで快調だったようで、今年がますます
楽しみになってきました。(^o^)

投稿: みみずく | 2008.01.04 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/17558567

この記事へのトラックバック一覧です: alive in liveのレポみたいなモノ:

« Yahoo Japanトップページリニューアル | トップページ | 穏やかな三が日 »