« ぬいぐるみ?いえケーキです! | トップページ | 明日は服部良一生誕100周年記念コンサート »

2007.10.30

東野圭吾「手紙」読了

好評なフジテレビ系ドラマ「ガリレオ」
その原作「探偵ガリレオ」の作者である東野圭吾さんの
「手紙」ようやく読了。

探偵ガリレオ (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 (2002/02)

手紙 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 (2006/10)

今回も涙しましたです。

物語の発端となる事件の描写は東野さんらしい
ちょっとナマナマしいカンジでしたな。

ひとつひとつの風景、心理描写が
丁寧に描かれた作品です。

読んでいて活字なのに作品中に登場する
ジョン・レノンの「イマジン」のメロディーが
頭の中に切なく響いてきました。

John Lennon / Imagine John Lennon - Lennon Legend - Imagine

この「イマジン」
弟が初めて覚えた洋楽曲として作品中に登場するのですが
もっと深い意味として読者に"想像をめぐらすコト"の
重要性を説いているようにもカンジました。

物語のテーマは非常に重いのですが作品中、
音楽が人生の中での救いのアイテムとして
描かれてるのも好きです。

この物語の弟ほどではないけれど生きてると
理不尽だなって思うこと、出来事って
たくさんありますよね。

そういう経験をどう生かせるか、
自分の腹に落とせるか。
まだまだ人生修行は続くぞってカンジですかね。

DVDもレンタルしよっかな 小田和正さんの「言葉にできない」が挿入歌なんだよね。

重松清さんの「その日の前に」も読みたいんですが
2007年10月時点でまだ文庫本化されてないのです。
早くお手頃価格で読みたいッス。

その日のまえに
重松 清
文藝春秋 (2005/08/05)

|

« ぬいぐるみ?いえケーキです! | トップページ | 明日は服部良一生誕100周年記念コンサート »

コメント

>>ららさん

「手紙」のラストのくだりはハンカチとティッシュが
ないと読み進めませんね。
今度「幻夜」もチェックしてみます。

総入れ歯、「幻夜」ってチャゲアスの曲もあったね。

投稿: まんぼ | 2007.11.02 22時12分

読了、おめでとうです。

僕は、最後の刑務所でのシーンがたまらなく・・・泣いちゃいますねえ。


被害者と加害者の構図っていうのは多い中、
この作品の犯罪に対しての視点の角度は素晴らしいなと思いました。

幻夜は読まれましたか?
こちらもお勧めです!

投稿: らら | 2007.10.31 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/16924807

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾「手紙」読了:

« ぬいぐるみ?いえケーキです! | トップページ | 明日は服部良一生誕100周年記念コンサート »