« ひでぶであべし | トップページ | アコースティックツアータイトル決定! »

2007.07.21

「ウォークマン」から「iPod」へ

2007年7月21日付朝日新聞朝刊経済面に
"「音楽を全部ポケットに入れる」
ウォークマンが負けた日"
と題しApple vs. SONYという記事が掲載されてマシタ。

ソニー前会長出井伸之氏の証言記事もアリ。
記事そのものはSONYが音楽著作権保護に
こだわり過ぎた結果の読み誤りを指摘。

携帯音楽プレーヤーの代名詞が
「ウォークマン」から「iPod」へ
見事に変わってしまいましたね。

いまでこそiPodが華々しく
携帯音楽プレーヤーの代名詞となってますが
正直、2001年に発表された時は
Macのみ対応ということもあり
パソコンユーザー、音楽好きな人の反応も鈍く、
ガジェット好きな人向けアイテムだったんですよね...

アップルジャパンの代表が原田氏から
前刀氏になりiPod miniを
ガジェット好きな人向けなアイテムから
ファッションアイテムのひとつに変えた戦略は
見事に当たり今に至ってるワケです。

ま、そんな前刀氏はSONY出身で(苦笑)

現Apple CEO Steve Jobs氏が
Appleへ復帰したのが今から10年前。
Steve Jobs CEO復帰直前のAppleは
経営的にもパソコン市場のシェア的にも
ホントにダメダメでユーザーですら
その未来を危惧してたくらいで
SONYがAppleを買収するのでは?
というウワサは現実味をおびてた時期も
あったんですよねぇ。

Steve Jobs氏はSONY創業者盛田昭夫氏を
尊敬されており1999年カラフルiMacを発表した
イベントでは冒頭、盛田氏を追悼するメッセージを
壇上でおくり偲んでマシタ。
SONYスピリッツは世界に広がってるんだな。

「Think different」

モノ作りの本質は
人を喜ばせるコトにある気がします。
(利益を出すことも重要なんだけどさ...)

Apple vs. SONY
じゃなくてハード、ソフト面を含めて
Apple and SONYにならないかなぁ。
早くiTunes Storeにソニーミュージック系の
楽曲が登場してほしい。

P.S
井深大・盛田昭夫
Steve Jobs・Steve Wozniak
そしてCHAGE・ASKA(笑)

ふたりは小さな 複数だけれど
とても大きな勇気になれる
  CHAGE and ASKA / この愛のために CHAGE & ASKA - No Doubt - この愛のために
MADE IN JAPAN(メイド・イン・ジャパン)―わが体験的国際戦略 (朝日文庫)
盛田 昭夫
エドウィン ラインゴールド 下村 満子
朝日新聞社 (1990/01)

|

« ひでぶであべし | トップページ | アコースティックツアータイトル決定! »

コメント

>>kcさん

コメントありがとうございます。

>消費者の視点があまりにかけてしまった

これはほんとに同意です。
いつからそんな風になってしまったのかなぁ。
誰もが憧れるアイテムをまたSONYには作り出して
欲しいですね。

リンク先のiPodスピーカー、日本では買えないのかな。
燦然と輝くSONYロゴとりんごロゴのコラボが見たいかも。

投稿: まんぼ | 2007.07.23 21時21分

なんでももうすぐSonyがiPod向けの製品を
販売するそうですね。

ソニーからiPodスピーカー目覚まし時計 & iPod ブームボックス - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2007/07/20/sony-ipod-accessory/

消費者の視点があまりにかけてしまった
Sonyが完敗を認めた今回がスタートですね。

投稿: kc | 2007.07.22 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/15836135

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォークマン」から「iPod」へ:

» アップル」と「学び」は好相性! [Macとえいちやin楽天広場]
 こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「対話できるUI、話を聞かないUI」と「「アップル」と「学び」は好相性!」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 某携帯ショップによってました・・。(三年ほど前迄はPHSでしたので)初めて購入した携帯...... [続きを読む]

受信: 2007.07.22 09時56分

« ひでぶであべし | トップページ | アコースティックツアータイトル決定! »