« 久しぶりにMAMP+MovableType | トップページ | MAMP1.41+Movable Type3.34・その2 »

2007.02.12

MAMP1.41+Movable Type3.34・その1

MAMPのダウンロードは
>> living-e AG: MAMP - Mac - Apache - MySQL - PHP
より[Download Now]から。

インストールは簡単。
zipファイルを解凍後、dmgファイルが
現れるのでdmgファイルを展開。
その後はMAMPフォルダを
アプリケーションフォルダにコピー。
(日本語での注釈も表示されてマス)

MAMPインストール

アプリケーションフォルダのMAMPを起動。

起動すると自動的にSafari(WWWブラウザ)が
ページを表示。

MAMPアプリケーション画面

MAMPへようこそ

MAMPフォルダ以下cgi-binフォルダに
MovableTypeフォルダを移動。

MovableTypeフォルダは[MT]と
フォルダの名称変更。(任意のフォルダ名でどうぞ)

http://localhost:8888/cgi-bin/MT/mt-check.cgi

にSafariでアクセスし
Movable Typeシステム・チェック。
この時、インストール済みの
Perl、Apache、PHPのバージョンが確認できマス。

Movable Typeのシステム・チェックは、無事に完了しました。
準備が整いました。 サーバーには必要なモジュールがすべて揃っています。追加のモジュールのインストールは必要ありません。インストールの説明に従って、次の手順に進んでください。

上記が表示されればOKです。

mt-config.cgi
をローカル環境に合わせて変更。
テキストエディタでmt-config.cgiを開いて
下記を変更。
(下記、行数はMT 3.34-jaのものです)

15行目

変更前
CGIPath http://www.example.com/cgi-bin/mt/

変更後
CGIPath http://localhost:8888/cgi-bin/MT/

21行目

変更前
StaticWebPath http://www.example.com/mt-static

変更後
StaticWebPath /mt-static/

45行目

変更前
##### BERKELEYDB ##### DataSource /path/to/database/directory

変更後
##### BERKELEYDB ##### DataSource ./db

データベースはBerkeleyDBを使用しました。
それ以外のデータベースに関する記述
(MYSQL、POSTGRESQL、SQLITE)は
削除してください。

mt-config.cgiを保存。

MAMP - cgi-binフォルダ以下
[MT]フォルダ内にある
[mt-static]フォルダを
[MAMP]フォルダ以下[htdocs]内に移動

MAMP - cgi-binフォルダ以下
[MT]フォルダ内に[db]フォルダを作成

[PR] 初心者でも安心なレンタルサーバー。
200MBで月額263円から。
CGI・SSI・PHPが使えます。

http://localhost:8888/cgi-bin/MT/mt.cgi

にSafariでアクセス。

ブログを始める前に、データベースを初期化してインストール作業を完了する必要があります。

と表示されればmt-config.cgiの設定完了。

Movable Typeへようこそ

任意のユーザー名とパスワードを設定し
[インストールを続行]

つづく

■MAMPではじめる
Mac OS Xサーバサイドプログラミング
楽天ブックスAmazon

■MacOS Xで自宅サーバー MacOS X v10.1対応
楽天ブックスAmazon

|

« 久しぶりにMAMP+MovableType | トップページ | MAMP1.41+Movable Type3.34・その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/13872989

この記事へのトラックバック一覧です: MAMP1.41+Movable Type3.34・その1:

« 久しぶりにMAMP+MovableType | トップページ | MAMP1.41+Movable Type3.34・その2 »