« キャプテンCHAGE'sバースデー | トップページ | チャゲアスツアーDOUBLE ローソンパスで先行あり »

2007.01.06

NACK5「J-POPマガジン」CHAGE and ASKA前半

NACK5「J-POPマガジン」インタビューファイル
2007.1.6 ON AIR(前半)

ON AIR曲
  1. Here & There
  2. Man and Woman

インタビュアーは音楽評論家の田家秀樹氏。
落ち着いた雰囲気で進行。
約30分
内容、若干、はしょってマス。

以下、ネタバレ

田家さんはCHAGEさんの誕生日を覚えていて
しっかりと番組内、インタビュー内で
「おめでとうございます」
とおっしゃってくれておりマシタ。

CHAGEさん曰く、
この辺、生まれた人ならわかると思うけど
クリスマス、年末、正月ときて
疲れがどっと出てる頃に
「あ、お前、誕生日だったな」
ってことが多かったそうな。

学生の頃はまだ冬休み中で寂しい思いをしました。
とのこと。

今はいっぱいの人に祝ってもらえて
よかったねぇ〜>CHAGEさん

5年ぶり(足掛け6年)となる
オリジナルアルバム「DOUBLE」
について。

A:ペースがあきすぎたことは
あきすぎてますよね。
お互いソロ活動も

田:そうなんですよね。
ツアーも年間70本以上を
3回やってるわけですから

C:だからチャゲアスで動いてる感は
すごくするんですけど
改めて5年ぶりって言われると
「そうか」と。
3年連続でチャゲアスでツアーやって
ソロをやって、その集大成で
今回、アルバムを。
僕らとしては遅めではありますが
ノルマは果たしてるのかなと。
言い訳かな(笑)

田:年末のゲストがね、
中島みゆきさん、アルフィー、氷室京介さんで
みなさん、3年何ヶ月ぶりって人ばかりで

C・A:(笑)

A:でも早いですね(笑)

田:足掛け6年ていうね

C:次回はがんばります

「DOUBLE」というコンセプトについて

A:プロモーションなんかで
1+1は2じゃないですよ。
3になったり5になったりていうのを
プロモーショントークで
通じた時代があったんですけど
もうここにきてね、
自分たちの位置っていうか存在っていうか
お互いの中で1と1だろ。
2にする必要はなくて
1と1がステージに立つんだからって
わりとばっさりと自分たちで捉えて
「DOUBLE」と

70本以上のツアーを続けてソロを終えて
スタジオの中の雰囲気はどうなんですか?

A:不思議ですよね。
ツアー回ってる時にスタジオ入りたくなるし
スタジオ入ってるとツアー回りたくなるしね。
それは冬と夏の違いみたいなね

田:CHAGE and ASKAのスタジオは
とってもシリアスな

A:いや、そんなことないですよ。
わりとユルユルじゃないですかね

C:ま、たしかに歌入れの時はね、
ちょっと自分たちの世界に入らなきゃ
いけないのでね。
他はね、ウエルカムですよ

田:あ、なるほど(笑)

C:だと思いますよ。
僕なんか、今回、どういう曲作ろうというより
自然発生したものを形作っていきたいかな
っていうね。
決め込んでこういう曲作ろう!
じゃなくて今日は曲作りまーす
って入った時の気分で
そこからいいフレーズが出てきたら
そっから広げようぜみたいな

CHAGE and ASKA /Here & There

お二人の歌詞の中に「次」というフレーズが

C:なんだろうね。
未来に向けて前向きに前を見てますね、今は

田:CHAGE and ASKAの次ってなんでしょうね

A:毎回毎回、みなさん、
そうだと思うんですけどね、
ビジョンて言うのを
すごくしっかりと目の前に置いて
そこに向かって進んでいく。
素敵なことだと思うんですけど
どれだけその輪郭見えてるかなっていうのを
考えるとね、そんな輪郭見えてないと
思うんですよ。
とりあえず一歩出したところで
次の一歩が決まっていくとうね、
目先のことに追われながらっていう
気がすごいしてますね

C:進まなきゃ始まんないっていうね。
振り返る時間も大切でしょうけど
今は前に進もうとしてるんでしょうね

田:振り返るといろんなもの見えるでしょう

A:世の中、すべて結果論ですし。
でも自分の中で結果論で見たくはないな
っていうのがあって意識だけは
そういうものに左右されないところに
いたいなって思うんですよね。
結果を求めるのは大切なんですけど
早く答えを出しすぎる。
日本人のね、特質があるじゃないですか。
すぐ答えを欲しがる。
結果的にその瞬間瞬間の正解って
あるんでしょうけど
大きく引いて見たときに
それが正解だったかどうかっていうのは
また別の話でわりと振り返って
ボーっと見てますね

田:CHAGEさんは振り返ることはあるんですか?

C:ふたり組って最小人数のグループですから。
常に一緒の行動をとるわけがないんです。
逆にしちゃいけない。
常に同じ方向ばかりじゃつまんない。
どっちかがなにかこう先に行ったり
あとになったり、
それが入れ替わったりすることで
行き先は同じなんですけど
そういうことくり返してるのが
楽しいですよね。
時たま抜かれるし、抜くししながら。
時々、振り返って。
僕ね、お台場でやった熱風ライブ。
ほんっとに楽しかった。
不思議なことでリハーサルも
そんなに時間なかったんですよ。
大丈夫かなと思ってたんですけど
いざステージ立ったら体が覚えてたんですよ。
当時の熱風コンサートの時を。
あの体になったんですよ。
気持ち悪いですけど20代前半の。
歌詞も出るし、展開もわかるし。
えーって思いましたね。
不思議な力が出てきたんですよ。
びっくりしましたよ。
歌ってる、歌ってるって感じ。
イケてる〜みたいな。
23,4(歳)に戻ってるねーみたいな

田:音楽の不思議さみたいな
A:うんうん

CHAGE and ASKA / Man and Woman

-来週、後半につづく-

CHAGE and ASKA / DVD「熱風コンサート」
好評発売中
楽天ブックスAmazon

CHAGE and ASKA / シングル「Here & There」
発売日:2007年01月10日
楽天ブックスAmazon

CHAGE and ASKA / シングル「Man and Woman」
発売日:2007年01月10日
楽天ブックスAmazon

CHAGE and ASKA / アルバム「DOUBLE」
発売日:2007年01月24日
楽天ブックスAmazon

CHAGE and ASKA「DOUBLE DVD」
発売日:2007年01月24日
楽天でチェックAmazon

>> おすすめCHAGE and ASKA CD&DVD

|

« キャプテンCHAGE'sバースデー | トップページ | チャゲアスツアーDOUBLE ローソンパスで先行あり »

コメント

>>ららさん

来週もお楽しみ!

投稿: まんぼ | 2007.01.09 22時19分

レポお疲れ様です。

ラジオをなかなか聞けない僕には
とっても、まんぼさんのレポは助かります^^

後半も楽しみにしておりますので^^

投稿: らら | 2007.01.07 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/13358651

この記事へのトラックバック一覧です: NACK5「J-POPマガジン」CHAGE and ASKA前半:

« キャプテンCHAGE'sバースデー | トップページ | チャゲアスツアーDOUBLE ローソンパスで先行あり »