« サントリー烏龍茶、ソングコードやっと当たり! | トップページ | MAMPでMovable Typeを使う・その2 »

2006.04.03

MAMPでMovable Typeを使う・その1

MAMPでMovable Type(v3.2 ja)を使う。
(MacOS X(Panther)環境)

既にサーバーレンタルし、
Movable Typeを導入されてる方には
あまり参考になりませんのであしからず。

MAMP
MacOS X(10.3以上)環境で簡単に
Apache, Mysql, PHP環境を
導入できるアプリケーション。
無償で提供されてマス。

Movable Type
ブログシステムアプリケーション。
インストール、設定などには
若干、CGIの知識を要します。
限定個人ライセンスは無償で利用可。

ローカルサーバーにMovable Typeを
インストールするメリットは
オフライン上でのブログデザインの確認が
容易になること。
CSSの具体的な反映が確認できること。

...くらいでしょうか。

なお、MAMPで構築した
Movable Typeブログを
そのまま公開するのはセキュリティリスクが
ありますので必ずレンタルサーバー、
外部サーバーにMovable Typeを
移してからの利用が望ましいです。

 MAMPをインストールしなくても
MacOS XのパーソナルWEB共有を利用すれば
Movable Typeのインストール、稼働は可能です。

>> 参考サイト:Movable Type 3.2 導入手順

1.MAMPにてMAMPアプリケーションを
ダウンロード、
解凍しアプリケーションフォルダに
インストール。

2.Six ApartにてMovable Typeをダウンロード。
(初めて利用する場合は
 TypeKeyの登録が必要です)
解凍し、インストール。

解凍されたフォルダを
コンテキストメニューから
[アーカイブを作成...]
でバックアップしておくと
設定を変更したあと元ファイルが
必要になった場合、
再度ダウンロードする手間が省けます。

3.MAMPを起動し、初期設定を行ないます。
通常はそのままでOK。
正常にインストールされると
WWWブラウザ(以下Safari)が
自動的に起動し"Welcome to MAMP"ページが
表示されます。

4.Movable Typeが入った
フォルダ「MT-3.2-ja」を
「MT」と名称変更し(好みの名前で可)
MAMPフォルダ以下 "cgi-bin" に移動。

5.Safariで
http://localhost:8888/cgi-bin/MT/mt-check.cgi
開く。
Movable Typeシステム・チェックが行なわれ
インストール済みの
Perl、Apache、PHPのバージョンが確認できマス。

 Movable Typeシステムチェック
  クリックすると拡大

6.Six Apart内の
Movable Typeユーザー・マニュアル:
Movable Typeの新規インストール

の通りにCGIファイルをテキストエディタで
ローカルサーバー環境に合わせて変更します。

"mt-config.cgi"の変更。

28行目
http://localhost:8888/cgi-bin/MT/

データベース関連・31〜71行目
BerkeleyDBを使用するので下記を変更。
その他の行はそのままで。

70行目
DataSource ./db

mt-staticフォルダのパス指定

93行目
StaticWebPath /mt-static/

必ず行頭の"#"は削除して下さい

7.ファイルを保存。

8.cgi-binフォルダ以下にある
[MT]フォルダ内にある
[mt-static]フォルダを
[MAMP]フォルダ以下[htdocs]内に
移動して下さい。

9.cgi-binフォルダ以下[MT]フォルダ内に
[db]フォルダを作成してください。

10.再びSafariで
http://localhost:8888/cgi-bin/MT/mt-check.cgi
を開いてシステムチェックを行ないます。

11.ページ最下部に
「準備が整いました」
というメッセージが表示されればOKです。

12.つづいてSafariで
http://localhost:8888/cgi-bin/MT/mt.cgi
を開きます。

13.「データベースを初期化して...」
という画面が表示されれば
mt-config.cgiの設定完了です。
この画面が出ない場合は
今までの工程、
ひとつずつ設定の見直しが必要です。

14.[インストールを続行]
をクリック。

15.インストールが完了したら
[Movable Typeにログインしてください]
をクリック。

つづく

初心者でも安心なレンタルサーバー。
200MBで月額263円から。
CGI・SSI・PHPが使えます。

|

« サントリー烏龍茶、ソングコードやっと当たり! | トップページ | MAMPでMovable Typeを使う・その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/9414084

この記事へのトラックバック一覧です: MAMPでMovable Typeを使う・その1:

» MAMPなる物を入れてみた [感じ通信]
MAMPなる物を導入すれば、簡単にローカルでMovable Typeが運用できるとか。敷居が高いと思っていたが、導入手順を詳しく書かれたブログ発見で大助かり。 [続きを読む]

受信: 2006.04.18 23時52分

» サーバーとは:格安レンタルサーバーを選ぶ上で価格、サポートと並んで重要なの... [格安レンタルサーバーを選ぶ際の注意点-格安レンタルサーバー情報-]
格安レンタルサーバーを選ぶ上で価格、サポートと並んで重要なのがセキュリティである。セキュリティといわれてもピンと来ないかもしれませんが、セキュリティが脆弱な格安レンタルサーバーを使用していたために痛い目をみることがあるのも事実である。セキュリティがしっかりしたレンタルサーバーを選ぶことが大事である。格安レンタルサーバーの中でも最近はどこもセキュリティを重視しはじめました。しかしSSLやSMTP AUTHなどがセキュリティではありません。個人情報漏洩や、バックアップをとっていな...... [続きを読む]

受信: 2007.08.07 16時21分

« サントリー烏龍茶、ソングコードやっと当たり! | トップページ | MAMPでMovable Typeを使う・その2 »