« [PR]iPod nanoバケッタレザーケース | トップページ | 楽天市場でiPod用高級スピーカーがお買い得 »

2006.04.08

MAMPでMovable Typeを使う・その5

過去記事:
>> MAMPでMovable Typeを使う・その1
>> MAMPでMovable Typeを使う・その2
>> MAMPでMovable Typeを使う・その3
>> MAMPでMovable Typeを使う・その4

 ココログを含む、Movable Type形式で
ログを書き出し可能なブログサービスであれば
書き出したログを読み込む事も可能です。

1.[MAMP]-[cgi-bin]-[MT]フォルダ以下に
新規フォルダ[import]を作り、
書き出したログファイルを入れる。

2.「ブログの一覧」からエントリーの
読み込み先にするブログを選択。

3.左側のメニューより
「ユーティリティ」-「読み込み/書き出し」
をクリック。

 読み出し/書き出し

「エントリーの投稿者を自分にする」
「カテゴリーの初期値」
「投稿の状態の初期値」
などはお好みで変更して下さい。

 設定

4.[読み出し/書き出し]をクリック
ログの量によっては読み込みに時間が掛かる場合もあります。

5.ログ読み込み時のログが表示されマス。

 ログ

注意:
今回読み込んだファイルは、次回の読み込み時に
再び読み込まれないよう、
読み込み元ディレクトリーから削除してください。

6.[サイトを再構築]-[すべてを再構築]

7.[サイトを確認]

 ココログのログを読み込んだ例
 Movable09

書き込んだ内容はもちろん、
カテゴリ、日付、コメント、
受信トラックバックPINGも
そのまま引き継がれます。

以上、MAMPを利用した
Mac OS XでのMovable Type導入法でした。
【おしまい】

補足:
ローカルサーバーのため、
複数のアプリケーションを使用するなど
CPU負荷の高い作業をしていると
Movable Typeの処理自体も重くなることがマス。

書籍
>> Macintosh &フリーソフトで始める
実用的サーバー構築ガイド
安全・便利なサーバーがオフィスや
自宅ですぐにできる!

>> Mac miniで作るMac OS X ミニミニサーバー
>> 自宅サーバーfor MacOS X―全部フリーソフトで作る
>> Movable Typeで挑戦!
かんたんビジネスブログ作成術

“Dreamweaver 8.0.1 機能拡張
for Movable Type 3.2”の無償提供中

|

« [PR]iPod nanoバケッタレザーケース | トップページ | 楽天市場でiPod用高級スピーカーがお買い得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/9491295

この記事へのトラックバック一覧です: MAMPでMovable Typeを使う・その5:

« [PR]iPod nanoバケッタレザーケース | トップページ | 楽天市場でiPod用高級スピーカーがお買い得 »