« おいっ鬼太郎! | トップページ | 振り返れば奴がいた! »

2005.02.21

StingのFRAGILEに思ふ

 先月、日本武道館で行われた
STINGさんのライブに行った方のお話を
聞くことができました。

 外タレさんお約束の
「コンバンハー TOKYO」
もあったそうです(笑)

 そして、なぜだか「もしもーし」と
STINGさんは言っていたんだとか(笑)

 どうも電話のやり取りで英語では「Hello」を
日本の習慣だと「もしもし」と言う
スタッフのやり取りが印象に残ったのでは
というコトだそうです。

 ライブはかなり熱く盛り上がったそうです。

 そんなSTINGさん。
σ(・・)は2001年のFNS歌謡祭で
「FRAGILE」を歌う姿に圧倒されました。

 この楽曲は1987年に発表された楽曲ですが
その歌詞があまりにも2001年9月11日の出来事に
不思議とリンクするのです。

 そしてあえてSTINGさんは2001年に
この楽曲をテレビで歌うことを選んだのでしょう。

 C&Aのtwo-fiveツアーのMCの中でも
ASKAさんが

今回のコンサート、テーマがね、
すごく自分たちの中で
しっかりと柱ができてまして
人、それと人との縁。

最近、思うようなことが続いたんで
そういう風なテーマでもってきた
わけなんですけどね。

だけど、そんな意識で曲は
書いてなかったんだ。
デビュー当時からの曲も歌ってますしね。
そんな意識で書いてない。

だけど、その意識でコンサートを
固めていくと
全部がそのために作られたような気が
してくるわけ。
ま、これがひとつの縁だと
思うわけなんですけど。

と言ってたのをふと思い出しました。

 作り手が世に放った楽曲がいつしか時を超え
もっと力強い作品として聞き手に届く。

 改めて音楽というものの価値、存在、すごさを
強く認識しました。

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス
スティング&ポリス ポリス スティング
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス
曲名リスト
1. 孤独のメッセージ
2. キャント・スタンド・ルージング・ユー
3. イングリッシュマン・イン・ニューヨーク
(アルバム・ヴァージョン)
4. 見つめていたい
5. セヴン・デイズ
6. ウォーキング・オン・ザ・ムーン
7. フィールズ・オブ・ゴールド
8. フラジャイル
9. マジック
10. ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ
11. セット・ゼム・フリー
12. ブラン・ニュー・デイ
13. デザート・ローズ
14. ルーズ・マイ・フェイス・イン・ユー
15. ホエン・ウィー・ダンス(エディット)
16. 高校教師
17. ロクサーヌ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
STINGさんの最新刊
Broken Music: A Memoir
Broken Music: A Memoir
posted with amazlet at 05.02.19
Sting
Delta (2005/01/25)
売り上げランキング: 1,269
通常6〜8日以内に発送

|

« おいっ鬼太郎! | トップページ | 振り返れば奴がいた! »

コメント

>もしかしたら時間の流れ方も私などとは違うのかも…。

ほんとですねぇ。
U2のボノさんもそんな雰囲気あるなぁ。

投稿: まんぼ | 2005.02.22 22時08分

スティング先生にしろASKAさんにしろ、アーティストである人たちには未来を感じ取る力のようなものがあるのかもしれないと時々思います。もしかしたら時間の流れ方も私などとは違うのかも…。

投稿: 安藤 幸 | 2005.02.21 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/4746518

この記事へのトラックバック一覧です: StingのFRAGILEに思ふ:

« おいっ鬼太郎! | トップページ | 振り返れば奴がいた! »