« 野口英世さんとチャゲアス | トップページ | チャゲアス05年からデュオ休止 »

2004.11.28

新潟中越地震ボランティアに参加された方のお話

 先日、新潟中越地震の復旧ボランティアに参加された方の
お話を伺う機会に恵まれました。

 半壊家屋からの家財道具搬出や炊き出しなどの
手伝いをされた方だったのですが避難所の様子としては
地震発生後、数日で救援物資の方は1避難所としては
必要とする分を上回る善意を全国からいただけたそうです。

 水道、電気については地域にもよりますが
思いのほか復旧期間が早かったのですがガスについては
ガス管などの破損状況確認作業が続き
水道、電気に比べ復旧が遅れたとのこと。

 温かい食べ物が食べたいと思っても簡易ガスコンロに
頼らざるを得ない状況がしばらく続いたようです。

 道路の破損も著しく、急に片側1車線になったと思ったら
崖のように切り崩れた箇所が何箇所もあったそうです。

 現地での移動は地元の道路破損状況を把握されてる方に
運転をお願いした方がよいようです。

 余震が頻繁に起こるので屋内の片付けなども
慎重に行う必要があったとのこと。
 被災者の精神的ショックと疲労も蓄積気味で
「どうせ片してもまた余震でタンスや本棚は倒れるんじゃ」
というナーバス気味の方達が多かったようです。

 仮設住宅の入居も始まり、
これから本格的な雪シーズンを目前としている新潟。

 改めて今、自分ができることを考えさせられました。

|

« 野口英世さんとチャゲアス | トップページ | チャゲアス05年からデュオ休止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13683/4746385

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟中越地震ボランティアに参加された方のお話:

« 野口英世さんとチャゲアス | トップページ | チャゲアス05年からデュオ休止 »